ミドリムシのウソ・ホント!みどりむし研究会

ミドリムシ(ユーグレナ)という成分

最近、健康にいい成分として、ユーグレナといわれるものがあります。最近、食べ物やサプリメントにも含まれているのですが、ユーグレナという成分は初めて聞いたという人もいるかと思います。ですが、ユーグレナという名前は初耳でも、ミドリムシという名前であれば、学生の頃に学んだことがあるのではないかと思います。

 

ミドリムシというのは和名となっており、正式名称はユーグレナと呼ばれているのです。名前を見ると昆虫の一種のように思えるでしょう。ですから、口にするのは嫌だと考えた人もいると思いますが、ミドリムシというのは藻なのです。

 

ユーグレナは、学校でも習ったと思いますが、顕微鏡を使わなくては確認をすることはできません。ユーグレナは、藻の一つであることは先ほども紹介しましたが、植物としての特性だけではなく動物としての特性も持っている変わった存在となっています。植物の特徴として、光合成をして栄養素を作り出すことができるだけではなく、動物のように体を動かして移動をすることも可能になっています。

 

このような特徴を持っているのは、現在分かっているのはユーグレナの実となっています。このユーグレナは、5億年を超える昔から存在している単細胞生物となっており、人間が誕生するはるか前から存在しています。

 

ユーグレナというのは、ラテン語となっています。日本語に訳すと「美しい目」なのですが、これはユーグレナには赤い目が存在しているということが分かったからです。

 

ミドリムシというのは単細胞生物でありながら、数多くの栄養素がバランスよく存在しているため、現在研究が活発に行われています。

 

ミドリムシに含まれるパラミロンが凄い!

 

ミドリムシには、パラミロンといわれる特殊な物質が含まれています。パラミロンには、細かいミルクホールといわれる穴が開いていて、この穴がコレステロールや毒素を吸着して、そのまま排出してくれるという特性を持っています。

 

この事から、パラミトンは炭の様な特性とも言えるでしょう。炭にも、数多くの穴が開いていて、この穴が臭いの成分を吸着していくことができるようになっています。吸着をするものはちがっていますが、役割としてはとても似ているといえるのではないでしょうか?

 

パラミロンが吸着して排出してくれるのは、コレステロールや毒素だけではなく、油分も排出します。さらにプリン体が体の中に入り込んでも、吸収しにくくしてくれるという特徴もあります。ですから、痛風になってしまっている人にも魅力的な物質でしょう。

 

パラミロンにあるミルクホールによって、中性脂肪や悪玉コレステロールなどを絡みとっていくため、血液もスムーズに流れるようになります。これによって、動脈硬化や高血圧対策をしていくこともできるでしょう。

 

さらに難消化性であることも、パラミロンの特徴の一つと言えるでしょう。難消化性ですから、胃液などに消化されにくくなっており、体の外に出やすくなっています。

 

このパラミロンを含んでいるミドリムシというのは、デトックス効果も期待することができるだけではなく、腸の働きを活発にして便通を良くしていくことも可能なのです。

認知症予防にココナッツオイルが良い?

健康促進や美容に効果があるとしてココナッツオイルはかなりの人気になっていますが、さらに認知症予防や改善もできるようですよ。

 

メディアなどで認知症対策やアルツハイマー予防としてココナッツオイルが紹介されていることもあります。美容や健康促進目的と共に期待できそうですね。

 

認知症の原因としては、老化や病気がきっかけで脳が活動するのに必要なブドウ糖をうまく使用できなくなることで認知症やアルツハイマーになるのではないかと言われています。

 

しかしながら近年はブドウ糖の代わりに脳の働きの源になる「ケトン体」が注目されており、ケトン体を作る中鎖脂肪酸が注目されています。

 

ココナッツオイルを摂取することで中鎖脂肪酸を効率よく体内に取り入れることができ、脳の働きのサポートになるので認知症予防・対策になるのではないかと言われているわけです。実際に海外ではココナッツオイルによる記憶力低下の抑制効果を表した研究がされています。

 

しかしその研究もまだまだ初期段階なので、まだまだ道の可能性が発見されるかもしれません。けれども体に良く副作用もない安全なココナッツオイルを適量ずつ摂取して、自分自身でもその効果を家事て見るのもいいでしょう。認知症はココナッツオイル以外にもDHAやプラズマローゲンが効果的です!

 

肩こり対策アイテムにはどんなものがある?

 

肩こりが辛い場合には、何かに頼りたくなるものです。どういったアイテムがあり、どのように作用するのでしょうか。⇒肩こりに効く薬はこちら

 

低周波治療器というのは、「低周波」と呼ばれる超音波を利用することによって、筋肉の深部まで刺激を与えて血行促進を促す効果があります。多くの商品は、超音波だけでなく、温感療法やマッサージの機能を備えているので、より高い肩こり改善効果が期待できます。

 

肩こり改善のためには、血行を促進することが重要ですが、頭部をマッサージすることによって血行を改善したりストレスを解消してリラックスすることもできます。ヘッドマッサージ機も意外と肩こりに有効なのです。

 

また、ツボを自分で刺激することができるアイテムも多くあります。ツボ押しツールは、いろんな形状のものがあり、自分の用途に合わせて選びましょう。自分でツボを押すよりも、ずっと楽に、そして効率的に力を入れてマッサージを行なうことを可能にしてくれます。

 

肩こりの改善のためには筋力アップも大切です。そのためのトレーニングをしていると肩こりが治るという例も多くあります。ダンベルやトレーニングチューブなどが定番ですね。ぶら下がり健康器も少し値が張りますが、実は有効です。

 

入浴剤も肩こり解消には有効です。アロマバスや、温泉の素などがあると普段のお風呂よりもさらに肩こりの改善効果が高まると思います。

 

姿勢を矯正するアイテムも多くあります。ストレッチポールや、姿勢矯正用の座布団などを利用すると、簡単に姿勢を矯正できます。負担感なく毎日使えるのもいいですね。こういったアイテムをうまく使いこなすと、肩こりの解消や、予防がはかどるようになりますよ。

 

頭皮の乾燥はセラミド不足が原因だった

 

抜け毛の原因にもなる頭皮の乾燥。この頭皮の乾燥はなぜ起こるのでしょうか?加齢と共に肌に潤いがなくなり乾燥するようになります。これは肌だけではなく頭皮にも同じことが起こっています。その理由はセラミドの減少。セラミドが減ることで肌の潤いもなくなりシワやたるみも出るようになり、乾燥肌になります。頭皮も同じように乾燥しやすくなりフケや抜け毛などの原因になります。

 

セラミドは皮膚の外側の角質層の隙間にあり細胞同士をつなぐことで、肌の水分を閉じ込め外部の刺激から肌を守っています。セラミドが減少すると細胞と細胞の間に隙間ができ水分が蒸発しやすくなり、外部から紫外線やほこり、細菌なども入りやすくなります。頭皮の場合は粉を拭いたような状態になり、フケが発生。抜け毛や切れ毛、脱毛などを起こすこともあります。

 

そうならないためには正しいケアが必要になります。乾燥から防ぐにはローションや育毛剤などで保湿しましょう。ドライヤーは8〜9割り程度乾かせたら後は自然乾燥にして頭皮の乾燥を防いでください。シャンプーはしっかり泡立てて泡で汚れを落とします。ゴシゴシこするのはNG。指の腹でやさしく洗いましょう。

 

頭皮の乾燥が酷い時はストレスが関係しているかも知れません。ストレスは自律神経を乱して血管を収縮するので血行不良を起こし頭皮へ栄養が届きにくくなります。ストレスを解消することで栄養が行き届き、老廃物の流れが良くなると頭皮の乾燥も解消されます。頭皮の乾燥が気になる時は、保水効果とバリア機能のあるセラミドをしっかり補いローションなどで頭皮の保湿をし、マッサージなどで血行を良くするようにしてください。

 

こちらも参考に>>>セラミドサプリのランキング

更新履歴