更年期になってから肌トラブルが増えてしまう原因

トップページ > 更年期になってから肌トラブルが増えてしまう原因

更年期になってから肌トラブルが増えてしまう原因

更年期になったら、エストロゲンというホルモンや皮脂腺が分泌されにくくなってしまい、肌が乾燥してしまったり、しわやシミなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

 

エストロゲンの分泌量が減ってしまうと、肌のハリを維持するために必要なコラーゲンが減ってしまいやすくなってしまいます。これによって、肌のハリが失われてしまって、肌にしわができやすくなってしまうのです。

 

このコラーゲンというのは保湿をする作用もあるのですが、コラーゲンが減ってしまうとそれだけ保湿もしにくくなってしまいます。さらに皮脂腺というのは、皮脂を分泌するための器官なのですが、皮脂腺の機能が低下してしまうと皮脂も分泌されにくくなり、乾燥しやすくなってしまうのです。これによって、カサカサ肌になりやすくなってしまったり、肌のたるみなどの原因になります。

 

さらに、若いころから紫外線を浴びていたことによって、メラニン色素が溜まるようになり、シミができやすくなってしまうのも、ちょうど更年期になるのです。ですから、まだ更年期になっていないとしても、普段から紫外線対策を徹底して行うようにしなくてはなりません。

 

肌トラブルがひどくなってしまったり、肌の乾燥がひどいのであれば、皮膚科に受診をしましょう。更年期でホルモン補充療法で治療をしている人の場合、女性ホルモンのカバーをしていますから、たるみやしわなどのような肌トラブルになりにくいとされています。