夏太り解消するために睡眠の仕方を変える

トップページ > 夏太り解消するために睡眠の仕方を変える

夏太り解消するために睡眠の仕方を変える

十分な睡眠をとることも夏太りの予防・解消法の1つです。しかし、「ただ寝ればいい」というわけではありません。質の高い睡眠をとることが大切です。睡眠時間については、ダイエット中は7.5時間が目安とされています。

 

夏休み中だからと言ってだらだら寝るのはダメですよ。床に就いた時間から7.5時間後に起床するのが健康的とされています。暑い夏でも気持ち良く眠りたいなら、市販の快眠グッズを活用しましょう。

 

布団に敷いて体を冷やすジェルパッド等が大人気です。暑くてなかなか寝付けないという人は、一度快眠グッズをお試しいかがですか?睡眠不足は夏太りの原因にもなりますが、なかなか寝付けない原因としてエアコンの設定温度が関係している場合もあります。

 

一般に、眠りを誘う適温は26度前後だとされています。しかし、実際は26度以下に設定している人もいるでしょう。眠る前にエアコンを使用する際には、30分〜1時間ほど前からエアコンをつけておくようにしましょう。そして、1〜3時間後に自動的に停止するようセットしておきましょう。

 

一方、扇風機の場合は、体が冷え過ぎないようにするためにも、体の少し上に風が当たるよう調節しましょう。夏太り対策と言えば、食べ物や飲み物に関するものばかりを意識しがちです。睡眠も夏太り対策として有効な方法の1つであることを頭に入れておくようにしましょう。