乾燥肌対策のペット編

トップページ > 乾燥肌対策のペット編

乾燥肌対策のペット編

人間と同様、犬や猫の皮膚も乾燥します。野生の動物については、外で暮らしているため、乾燥に悩まされることはほとんどないでしょう。問題は室内で飼っているペットです。縦叔母、痒みや痛みが出ることがあります。

 

犬や猫をはじめとする毛があるペットの場合、冬になると静電気を起こしやすくなります。私たち人間は着ている静電気により静電気を起こした後、痒みを感じることがあります。したがって、毛のあるペットの場合、常にその痒みを感じているものと思われます。

 

しかし、犬や猫は「痒い」とか「痛い」といったメッセージを言葉で伝えることができないため、飼い主は注意して見てあげなければなりません。冬はストーブの近くやコタツの中で寝っころがることが多いことでしょう。

 

「寒そうにしているな?」と思いながらペットに触れたところ、首輪が非常に熱くなっていたという経験をしたことのある人もいるでしょう。

 

犬や猫というのは、基本的に暑さに鈍感な生き物ですので、常に飼い主が監視してやる必要があります。
ホームセンター等で販売されているペット用のホットカーペット等も同様です。

 

最近ではスプレータイプのアイテムも販売されており、なるべくそのようなものを取り入れるようにしましょう。
もし症状の悪化が著しいようなら、早めに専門医に診てもらうべきです。肌にいいものは値段が少々高めに設定されていますが、症状があまりにも酷い場合には購入を検討したほうがよいでしょう。